小暮家庭菜園の近況報告(11月度-Ⅱ)

ピッコロファームメンバーの小暮です。
立冬が過ぎて暦の上では冬となっていますが、笠間では比較的温暖な秋晴れの晴天が続いています。
土楽小屋近隣の里山でも紅葉が見頃となり、庭先では小菊が満開となっています。
家庭菜園ではスケジュール的には多少遅れぎみですが、越冬野菜の苗植えと種植を行いました。
また、菜園圃場で株ごと抜き取り収穫した「ダイズ(黒豆)」を適度に乾燥させるための天日干し作業などを行いましたのでブログに報告させて頂きます。

報告の概要を下記に列記します(詳細は各リンク先を参照下さい)。

11月17日(木)

11月17日(木)

 
晩秋の土楽小屋と近隣の秋景色
 
20161117_kogure_01
晩秋の土楽小屋の佇まい
 
  • 晩秋の土楽小屋の佇まいです。
    小屋のまわりでは「ダイズ(黒豆)」の株を円錐状に立て天日干しを行っています。
20161117_kogure_02
土楽小屋近隣の山並みの景観
20161117_kogure_03
笠間市北部の山並みの景観
 
  • 土楽小屋庭先から望んだ、笠間市北部と近隣の山並みの景観です。
    秋深い紅葉の色合いとなっています。
20161117_kogure_04
土楽小屋近隣の里山の紅葉
 
  • 笠間市街方面から土楽小屋に向かう途中の里山の景色です、紅葉交じりで爽やかな晩秋の色合いになっています。
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
「ダイズ(黒豆)」の収穫と天日干し
 
20161117_kogure_05
「ダイズ」の天日干し
20161117_kogure_06
「ダイズ」の天日干し
 
  • 菜園圃場で栽培していた「ダイズ(黒豆)」は株全体が茶色く枯れて来ましたので、株毎抜き取る方法で収穫しました。
  • マメ科の植物を収穫する時は、地際から刈り取って根を残した方がその土のチッ素分が増え、次の野菜への肥料分を自然に補給される効果があるのですが、手作業での収穫のため作業が楽な株毎抜き取る方法で収穫しました。
  • 収穫した「ダイズ(黒豆)」の豆を更に成熟させ、莢の中の豆を取り出しやすくするために、風通しの良い場所に株を円錐状に立てて天日干しを行っています。
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
野菜コーナーでの「タマネギ」苗植えと「ソラマメ」種植え
 

~「タマネギ」苗植え~

20161117_kogure_07
「タマネギ」苗植えの畝
 
  • 「タマネギ」植え込み用に準備した畝に(黒マルチ掛け、畝巾60㎝、株間15㎝の3条植え/3ヶ所)、苗の植え込み作業を行いました(「猩々赤」:100本、「ネオアース」:200本、「O・L黄」:100本、の合計400本 )。
  • 「タマネギ」苗の植え込みは、作業効率を上げるために、黒マルチの植え込み穴に指先で穴を押し開け、そこに苗を入れ込んで軽く土を掛ける簡易な方法(小暮流)で行いました。
  • 植え込んだ「タマネギ」苗の根の周りに土が充分に入り込んで活着が促進されるよう、多めの散水を行いました。

~「ソラマメ(陵西一寸)」種植え~

20161117_kogure_08
「ソラマメ」種植えの畝
  • 「ソラマメ(陵西一寸)」の播種豆(柳川採種研究会)を露地に種植え(直蒔き)しました。
 
  • 直蒔きした豆を鳥(カラスなど)に食害される心配はありますが、消毒で色づいた豆(青色)は鳥が警戒して突かないとの話もあり、畝への防鳥ネット掛けは省略としました。
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
果樹コーナーでの「キウイ(ゴールドキウイ)」の実り
 
20161117_kogure_09
「キウイ」の実り
 
  • 「キウイ(ゴールドキウイ)」は11月に入ってからの朝方の冷え込みで、葉の一部が霜枯れ状態となってきました。
  • 実の一部が鳥(カラス?)に食害されるのも出て来ましたのでので収穫適期になったと思われ、近日中に収穫して室内で追熟させる予定です。
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
土楽小屋庭先の小菊が満開
 
20161117_kogure_10
小菊(紫色)
20161117_kogure_11
小菊(ピンク色)
 
20161117_kogure_12
小菊(オレンジ色)
20161117_kogure_13
小菊(赤色)
 
  • 10月15日(土)~11月23日(祝)の期間で笠間稲荷神社境内をメイン会場とした「笠間の菊まつり」が開催されていますが、土楽小屋の庭先でも小菊が満開となっています。
 

pagetop_gray_blue_88x22blogtop_gray_blue_88x22


Contributed by Torao Kogure. | 20161117

LINEで送る
Pocket