川合家庭菜園、共同圃場での作業内容及び野菜の栽培・生育状況報告(1月・2月度)

ピッコロファームメンバーの川合です。
年も明け静かなたたずまいの菜園となり作業も余り無く1月、2月をまとめて報告します。
冬季は低温、強風、降雪が有ったり急激に気温が上がったり変動の多い早春でした。
このふた月は前半は残り野菜の収穫と越冬野菜の管理、後半は今年の栽培準備作業と暇な時期でした。
主な作業は、夏野菜などの整理(畝のマルチ外し)、石灰・堆肥(牛糞、鶏糞)散布と支柱等資材の整理などです。
3月早々に起耕しジャガイモ植え込みから今年の栽培を始めます。

1月・2月の野菜の栽培・生育状況及びトッピクスの概要を下記に列記します(詳細は各リンク先を参照下さい)。

2017年1月・2月度

Ⅰ.川合家庭菜園での野菜栽培・生育状況

Ⅱ.トッピクス

2017年1月・2月度

Ⅰ.川合家庭菜園での野菜栽培・生育状況

 
菜園全体の状況
 
20170302_kawai_01
川合家庭菜園の全体状況(1月/上旬)
 
  • 1月/上旬は「ブロッコリー」、「ハクサイ」、「キャベツ」なども収穫していた畑です。
20170302_kawai_02
整理、堆肥散布など行い起耕準備を終えた畑(2月/下旬)
 
  • 2月/下旬・今年の栽培に向け越冬野菜を除き畝を整理、堆肥散布など行い起耕準備を終えた畑の状況です。
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
「ソラマメ」の生育状況
 
20170302_kawai_03
「ソラマメ」の生育
  • 防虫網のトンネルのためか寒風当たり一部葉が枯れるものも有るが、例年より小さいも概ね順調に生育中です。
  • 作業は苗回りとマルチ脇の除草、3月上旬に追肥の予定です。
 
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
「赤タマネギ」、「黄タマネギ」の生育状況
 
20170302_kawai_04
「タマネギ」の生育
  • 黒マルチ、防虫網トンネルにて栽培するが、寒風、低温のためか生育が悪く、数十本は消えてしまった苗もあり収穫は減少見通しとなる。
  • 赤の方が黄に比較し強い、作業は苗回りとマルチ脇の除草、3月上旬に追肥の予定です。
 
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
「ニンニク」の生育状況
 
20170302_kawai_05
「ニンニク」の生育状況
 
  • タマネギ畝の横に栽培する。タマネギ同様に低温のため生育悪く不良な状況です。作業としては2/下に追肥と苗回りとマルチ脇の除草です。
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
「スナップエンドウ」、「グリンピース」の生育状況
 
20170302_kawai_06
「エンドウ」の生育
  • 同様に寒風対策不足のため生育が悪いが生き延びていることから追肥、今後の生長に期待したい。
 
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
ビニールトンネル栽培(「ダイコン」、「コマツナ」、「ミズナ」、「シュンギク」etc.)
 
20170302_kawai_07
葉物野菜の冬季栽培
20170302_kawai_08
「ダイコン」の冬季栽培
 
  • 昨年末の11月末から12月上に黒穴空きマルチ、播種、不織布掛け、透明ビニールトンネルの暖栽培を試みる。
  • ダイコンは30cm位になり収穫始が続く、葉物については未だ生育途中から3月には収穫可能と思える。
  • 結果としてはまずまずの成果あるが、温度不足の改善から透明マルチ使用のアドバイス頂き今年度チャレンジしたい。
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
「ホウレンソウ」の生育状況
 
20170302_kawai_09
「ホウレンソウ」の生育
  • 昨年の8月、10月、12月と分けて播種したホウレンソウ(チジミほか)は収穫が年を越しても続き希少な葉物野菜である。
  • 今年は教えて頂いたチジミコマツナの栽培を晩秋に始めてみたい。
 
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
今月の収穫・・・秋野菜の終盤となる
 
20170302_kawai_10
今月の収穫
 
  • ハクサイ、キャベツ、ブロッコリー、ゴボウは完了する。葉物はホウレンソウ、ミックスレタス、コカブ、ナガネギ、初物としてナバナの花穂も収穫する。
 

pagetop_gray_blue_88x22

Ⅱ.トピックス

 
「こども食堂」全国ツアー(水戸市)に参加
 
20170302_kawai_12
「こども食堂」全国ツアー(水戸市)
 
20170302_kawai_11
「こども食堂」全国ツアー
  • 2月22日水戸市での開催に参加、設立趣旨、事例紹介etc全国では300ヶ所にまで増えている。
 
  • 6人に1人になる貧困家庭のこども食事支援から始まり、こどもの居場所づくり、さらに独居老人の個食解消、母子家庭を主に悩み相談を含めた母親居場所づくりへと、つまりは地域ぐるみの子育て(行政の出来ない)支援へと広がっている。
  • 学生ボランティアによる塾へ行けないこどもへの学習支援活動も始まっている。
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
「こども食堂」へ無農薬野菜の食材提供
 
20170302_kawai_13
食材提供
  • 私自身のかかわりは菜園で取れた無農薬野菜をこども食堂の前日夕方に食材提供をおこなっている。
  • 1月、2月は収穫野菜も少なくなったが、保存していた薩摩芋、里芋を混ぜハクサイ、キャベツ、ブロッコリー、ダイコン、ホウレンソウ、ナガネギなどを届けている。
  • 野菜の無くなる3~4月は休み、今年度の支援を含む野菜栽培を行う予定です。希望品目も聞き取り入れたいとも考えています。
 
 

pagetop_gray_blue_88x22blogtop_gray_blue_88x22


Contributed by Noriyuki Kawai. | 20170303

LINEで送る
Pocket