川合家庭菜園の主な農作業・収穫、栽培支援及びトッピックスの報告(6月度)

ピッコロファームメンバーの川合です。
6月に入り野菜栽培も本格的になり忙しい季節となる。
今年は梅雨入りするも少雨が続き作物への影響も出る。
今月主な農作業としては越冬野菜、春野菜の収穫、夏野菜の管理作業であった。
次に収穫終了した畝(「タマネギ」、「ジャガイモ」、「豆類」、「キャベツ」、「葉物」)の整理、堆肥の散布、耕起によるリセットであった。
もちろん畑の雑草も繁茂し始め畑周囲を含め日々この草との戦いが始まり多くの時間を要する。

6月の作業内容、栽培状況の概要を列記します(詳細は各リンク先を参照下さい)。

2017年6月度

Ⅰ.主な農作業と収穫

Ⅱ.栽培支援(小森農園)

Ⅲ.トピックス

2017年6月度

Ⅰ.主な農作業と収穫

 
菜園全体の栽培状況
 
20170629_kawai_01
初旬の賑やかな畑の景色
 
20170629_kawai_02
収穫後のやや寂しい畑の景色
 
  • 畑は初旬の賑やかな景色から収穫後の空きスペース有るやや寂しい景色へと変わる。
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
越冬野菜の収穫(「タマネギ」、「ニンニク」 ほか)
 

~「タマネギ(赤玉、黄色)」、「ニンニク」~

20170629_kawai_03
「タマネギ(赤玉)」の収穫
20170629_kawai_04
「タマネギ(黄玉)」の収穫
 
  • 当初心配していた董立ちも殆どなくほぼ順調に生育し収穫に至る。
  • 一方畝の肥料の差か例年より大小の玉のバラツキが見られたのが残念であった。
  • 現在ピッコロ仲間に教えて貰った網袋に入れ吊るし乾燥中。
20170629_kawai_05
「ニンニク」の収穫
  • 「ニンニク」についても同様のバラツキがあるものの「青森ニンニク」は径8cm大玉も穫れる。
 

~「ジャガイモ(キタアカリ、トウヤ)」~

20170629_kawai_06
「キタアカリ」の収穫
20170629_kawai_07
「トウヤ」の収穫
 
  • 結果としてしては収量、サイズも小さく残念ながら失敗。
  • 原因として考えられるのは少雨による水不足と全てマルチ栽培から楽であったが土寄せ無かったこと芽掻きも怠ったことと思われる。
  • この畑で初めて「そうか病」が特に「キタアカリ」に発生する。
  • 「そうか病」とは子嚢菌(しのうきん)や細菌によって植物に起こる病気で「ジャガイモ」のそうか病は、芋の皮にだけ発生する。
  • 放線菌はアルカリ性の土?で発生しやすく、高温で乾燥した環境を好むこのことでから少雨も要因であったか?。
  • もう1種の「アンデスレッド」は生育遅れから未収穫、栽培場所も2種離れていることから期待したい。

~豆類(「ソラマメ」、「スナップ」、「キヌサヤ」、「グリンピース」)/写真省略~

  • 「ソラマメ」は早春のアブラムシ襲来にも関わらず(黒酢、ねんちゃく君散布)満足の収穫で終える。
  • 「スナップ」と「キヌサヤ」は同畝に播種したため「スナップ」は負け少量、「キヌサヤ」が大量、「グリンピース」が少量で終える。
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
春野菜の収穫(「キャベツ」、「ミニハクサイ」 ほか)
 

~「キャベツ」、「ミニハクサイ」の収獲~

20170629_kawai_08
「キャベツ」の収獲
20170629_kawai_09
「ミニハクサイ」の収獲
 
  • 「キャベツ」、「ミニハクサイ」については例年よりモンシロ蝶の飛来が遅く青虫被害は無かったがナメクジが葉の間に入り込まれ外皮を多く剥くこととなり被害を受ける。

~「ブロッコリー」の収穫~

20170629_kawai_10
「ブロッコリー」の収穫
  • ブロッコリー」については今春は気温も低く湿度も少ないことから主花蕾を収穫するも腐ることも無く脇花蕾も育ち秋の様に収穫が続いている、これも例年に無いことと驚く。
 

~「球レタス」の収穫~

20170629_kawai_11
「球レタス」の収穫
  • 「球レタス」は苗を時期づらし定植したことから収穫が続いている、一方ナメクジの被害も発生した。
 

~「完熟イチゴ」の収獲とジャム作り~

20170629_kawai_12
「完熟イチゴ」の収獲
20170629_kawai_13
「完熟イチゴ」のジャム作り
 
  • 「完熟イチゴ」は先月から多量に取り続けたことから初めてイチゴジャムを作り消化する。

~収穫終了野菜/写真省略~

  • 収穫終了野菜・・・「ダイコン」、「ホウレンソウ」、「コマツナ」、「カラシナ」、「コカブ」、「シュンギク」、「ミックスレタス」。
  • 終了と共に第2段の播種(「ダイコン」、「コカブ」、「ミックスレタス」ほか)発芽する。
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
栽培管理中の野菜(「カボチャ」、「トウモロコシ」 ほか)
 

~「カボチャ」~

20170629_kawai_14
「カボチャ」
  • 「カボチャ」3本・・旺盛に伸び出し実もつき膨らみ始める。
  • 今月の作業は摘心、整枝、追肥であった。
 

~「トウモロコシ」~

20170629_kawai_15
「トウモロコシ」
20170629_kawai_16
「トウモロコシ」
 
  • 順調に生長し雄花は開き受粉も始まる。
  • 受粉が終わった段階で雄花を地面より一律の高さに切断し実も膨らみ出し鳥害除けに支柱と防虫網にて四方、天井を囲い7月上旬収穫を待つ。
  • また、第2圃場には第2段の播種も終わり発芽、10㎝になる。

~「サトイモ」~

20170629_kawai_17
「サトイモ」
  • 今月になり芽を出し始めマルチ穴を広げ生育を助ける、雨不足がやや心配である。
 

~「ミニゴボウ」~

20170629_kawai_18
「ミニゴボウ」
  • 双葉が伸び始め追肥(ボカシ肥)をする。また第2段の播種16穴も行い発芽する。
 

~「ニンジン」~

20170629_kawai_19
「ニンジン」
  • 発芽に苦労するが何とか生長始め第2回目の間引き10cm間隔にし追肥を行う。
 

~「ジャンボピーナッツ」~

20170629_kawai_20
「ジャンボピーナッツ」
  • やや生育不良か遅い?心配から3株を別途補植する。
 

~「本ショウガ」、「芽ショウガ」~

20170629_kawai_21
「芽ショウガ」の発芽
  • 「ジョウガ」の発芽は遅くやっと「芽ショウガ」のみほんの少し発芽、果たして収穫まで育つか心配である。
 

~「エダマメ」~

20170629_kawai_22
「エダマメ」
  • ほぼ順調に生長し小さな実をつける。問題はこれから実が膨らむかどうかであり株元の除草と追肥を行う。
  • 「エダマメ」は楽しみな野菜の1つであり、秋には「ダイズ」の「エダマメ」栽培を行いたい。
 

~「小玉スイカ」2種~

20170629_kawai_23
「小玉スイカ」2種
  • 今月の作業としては摘心、整枝を行うが旺盛に蔓が伸び出し実もつき始めるが摘果は難しく放任とする。
 

~「ズッキーニ」~

20170629_kawai_24
「ズッキーニ」
  • 離れた畑から人工授粉出来ず自然に任せているが、肥大する物や変形する物あるが先ず先ずの収穫得て終盤となる。
 

~その他栽培中の野菜~

20170629_kawai_25
その他栽培中の野菜
  • その他栽培中の野菜は「モロヘイヤ」、「食用キク」、「オクラ」、「インゲン」、「バジル」、「長ネギ」、「ワケギ」、「ニラ」になります。
 
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
夏野菜の管理(「トマト」、「ナス」、「ピーマン」 ほか)
 

~「大玉トマト」、「ミニトマト」~

20170629_kawai_26
「トマト」
  • 雨除けに「大玉トマト」にはU型支柱を立てビニール屋根を設置する。
  • 当月も脇芽掻きと牽引を行う。
 
  • 給水は活着まで施すが今後は止め雨水のみとし渇水栽培を試みたい。
  • 生育状況は今一つ芳しくない。

~「ナス」、「青ナス」~

20170629_kawai_27
「ナス」
20170629_kawai_28
「青ナス」
 
  • 「ナス」は3本仕立てとし脇芽を掻き取り支柱へ牽引する。
  • 「青ナス」の方が生育も良くピッコロ仲間共通栽培から頑張りたい。

~「ピーマン」、「パプリカ」、「シシトウ」類~

20170629_kawai_29
「ピーマン」など
  • 「ピーマン」、「パプリカ」、「シシトウ」の今年の生長は何故か悪く追肥などを行い経過を見たい。
 
 

pagetop_gray_blue_88x22

Ⅱ.栽培支援(小森農園)

 
薩摩共同圃場の作業
 

今月は本格的に薩摩芋作りが始まる。
その作業内容は先月までにマルチ畝作りを終えるが今月600本の苗を植え付ける。この手順を写真により報告します。

① マルチ畝に専用植穴作り道具(1回6穴)で差し込み穴を開ける。

20170629_kawai_30
畝に差し込み穴を開ける
 
shitayajirushi_24x12

② 畝に開けた差し込み穴に「紅東(生食用)」200本、「紅はるか(干し芋用)」400本+αを植込む。

20170629_kawai_31
差し込み穴への芋苗の植え込み
 
shitayajirushi_24x12

③ 完了した畝は6月末には苗が枯れることも無く全て活着し生育が始まる。

20170629_kawai_32
苗が活着し生育が始まる
 

~参考:援農した小森農園の薩摩畑6000本の栽培~

20170629_kawai_33
薩摩畑6000本の栽培
 
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
小麦刈取り、運搬、乾燥の援農
 
20170629_kawai_34
小麦刈取り、運搬、乾燥
 
  • 今年の小麦収穫の時期となり小麦刈取り、運搬、乾燥の援農をする。
 

pagetop_gray_blue_88x22

Ⅲ.トピックス

 
子ども食堂への野菜提供
 
20170629_kawai_35
子ども食堂への野菜提供
 
  • 子ども食堂への野菜提供・・・先月より再開し6月17日開催に向け「ダイコン」、「キャベツ」、「ブロッコリー」、「ズッキーニ」、「ソラマメ」など品種も増える。
  • しかし料理する品目が分からず上手く利用されているかとの不安もありNPOとの打合せも必要と思える。
 
20170629_kawai_36
310食堂
  • 「こども食堂」は現在310食堂のみだが水戸には今月に4ヶ所目がオープンするとのこと。
  • 「こども食堂」の開催日(月1回)に収穫、提供を会わせるのは難しく数か所あるのも提供しやすい。
 
 

pagetop_gray_blue_88x22blogtop_gray_blue_88x22


Contributed by Noriyuki Kawai. | 20170630

LINEで送る
Pocket