草加農園栽培日記(H30年)

那須草加小屋(栃木県)にある草加農園での栽培日記です。

 
日記リストから該当日の日記へジャンプ出来ます
 

 
2018年11月11日(日)

【農園の状況】

  • 小屋の周りの雑木林は紅葉から枯木立へと移り始めた。
    季節の移りの割に今年は霜の降る日が非常に少ない。
  • 冬野菜の成長が早く、正月用に種まきした小松菜、ほうれん草は食べ時期を過ぎて大きくなりすぎが心配。
  • 夏野菜の残渣処理と里芋の土埋め保存などの冬支度をした。
  • 冬野菜の収穫もピークを迎えた。(大根、白菜、ブロッコリー、キャベツ、ネギ、ほうれん草、小松菜など)
  • 越冬野菜は大きくなり過ぎて越冬できるか心配。
  • ピッコロメンバーから頂いた種生姜の収穫物は葉生姜程度しか大きくならなかった。
    那須の低温の為だと近くの農家の方が言っていた。

【主な農作業】

  • 赤玉ねぎの欠損部分に追加定食
  • 夏野菜後の畝の除草
  • 縮み小松菜追加播種

【収穫物】

  • 白菜、大根
  • 小松菜、ほうれん草、ルッコラ、紅水菜、春菊、ベビーリーフ、レタス
  • ブロッコリー、キャベツ初収穫
  • 辛味大根初収穫
  • 第2期青梗菜初収穫
  • 生姜初収穫
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
2018年10月26日(金)

【農園の状況】

  • 農園の周りの木立も所々で色付き始め秋本番になってきた。朝は冷え込むと一桁温度まで下がりもうすぐ霜が降ってきそうな気配です。
  • 今週、玉ねぎの植え付けと年越しキャベツの定植をし今年の植付けは終了した。
  • 夏野菜の残渣処理と里芋の土埋め保存などの冬支度をした。
  • これから年内収穫予定の野菜も昨年に比較して気温が高いせいか順調に生育中。(大根、白菜、ブロッコリー、カリフローレ、キャベツ、縮み小松菜、縮みほうれん草、ネギ、水菜、春菊、青梗菜、レタス)
  • 山形青菜の生育が悪く、今年は漬物が期待できなさそう。
  • 大根の芯が空洞になって少し茶色になっている。ネットで調べるとホウ酸欠乏症がうたがわれる。今年から微量要素入りの有機肥料を使っているが原因不明。

【主な農作業】

  • 玉ねぎ植え付け
  • 里芋収穫と土埋め保存
  • 年越しキャベツ植付け
  • 夏野菜(空芯菜、茄子、ピーマン、甘長シシトウなど)の残渣処理
  • サツマイモ収穫と熟成開始

【収穫物】

  • ミニトマト、甘長シシトウ、ピーマン
  • 小松菜、ほうれん草
  • 大根初収穫
  • 白菜初収穫
  • ルッコラ、ベビリーフ、水菜、春菊、青梗菜
  • レタス
  • サツマイモ
  • 里芋
  • 白ネギ、九条ネギ
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
2018年10月4日(木)
 
20181004_kusaka_01
農園全景/10月4日
 

【農園の状況】

20181004_kusaka_02
大根、カリフローレの生育状況
20181004_kusaka_03
白菜の生育状況
 
  • 遠くの那須連山の頂上付近の色がほんのり色づいて来たように思います。
    里山では山栗のいががあちこちに落ちて来ました。
  • こちらの小屋も冷え込んだときは14度ぐらいになり暖房が欲しい時期となって来た。
  • 長期間栽培して来た里芋、落花生の試し堀をしたがあまり良い出来でない。残念!
  • 菜園も夏野菜の残渣処分と雑草除去に追われながらも、今年の植え付け、種まきも終わりになって来た。今年の植付けは玉ねぎを残すのみとなった。
  • 今年は白菜を例年よりも半月ほど早く種まきしたが、順調に生育中で今月末頃には収穫できそう。
  • 今週は越冬野菜の種まきを例年よりも1週間ほど早くした。結果は来年に期待。

【主な農作業】

  • 縮み小松菜、縮みほうれん草の追加は種
  • スナックえんどう、実エンドウのは種
  • 白菜、大根などの防虫ネット外し
  • 落花生収穫と塩茹で冷凍保存

【収穫物】

  • ミニトマト
  • ピーマン、甘夏シシトウ、茄子
  • 空芯菜
  • ベビーリーフ、ルッコラ
  • 小松菜、青梗菜
  • 白ネギ、九条細ネギ
  • 韓国唐辛子初収穫
  • 食用菊(もってのほか)初収穫
  • サツマイモ初収穫
  • 里芋初収穫
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
2018年9月21日(金)

【農園の状況】

  • 夏野菜も収穫期の終盤を迎え、畝の数もだんだんと秋冬野菜畝になってきた。
  • 食用菊(もってのほか)も蕾が色付き始め秋らしくなってきた。
  • ミョウガの葉も枯れ始め収穫も終わりに近づいた。
  • 冬野菜の大根、白菜は順調に生育中。

【主な農作業】

  • 大根間引き一本化
  • 玉ねぎ苗に追肥、土寄せ
  • かき菜、春菊、縮みホウレン草は種
  • ゴーヤ残渣処分
  • 縮み小松菜、青梗菜、水菜、ルッコラは種
  • エンドウ畝準備

【収穫物】

  • ミョウガ
  • ピーマン、甘長シシトウ
  • 茄子(青茄子、水ナス、長茄子)
  • ゴーヤ
  • レタスミックスベビーリーフ、ルッコラ
  • レタス、リーフレタス
  • ネギ2種
  • 小松菜
  • 水菜、からし菜
  • カボチャ(追熟開始)
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
2018年8月25日(土)
 
20180825_kusaka_01
農園全景/8月25日
 

【農園の状況】

20180825_kusaka_02
小松菜の発芽状況
20180825_kusaka_03
日中の白菜苗
 
  • 今年初めてピッコロメンバーから触発され小玉スイカを栽培、なんとか一本の苗から2つ収穫。非常に甘く美味しかった。
  • 第2期の枝豆は高温時期にマメの膨らみ時期と重なり水不足の為か膨らみが不十分な鞘が半数近くあった。
  • 秋冬野菜の種まきをしたが順調に発芽、ここ数日の高温が心配。
    種まき後、数日で発芽。/写真掲載
  • 昨年失敗したタマネギのタネからの苗育苗、今年は昨年に比較して15日ほど前に種まきしたが植付け時の苗の大きさが適度になるか心配。
    種まき後6日ぐらいから発芽開始。順調に生育すること期待。
  • 蔓なしインゲンをチャレンジしたが収穫時期が合わず失敗。つるアリに戻すか思案中。
  • ここのところの寒暖差に野菜もついていけない様子。
    日中は白菜などぐたーとしてる。/写真掲載
  • 今年も収穫時期を外れ大きくなったキュウリで佃煮制作。
  • トマトはソースにして冷凍保存

【主な農作業】

  • 秋冬野菜の種まき(青首大根、ほうれん草、小松菜、紅芯大根、辛味大根、紫水菜、青梗菜、春菊、山形青菜、赤玉ねぎ、エシャレット、秋第3期レタス、ベビーリーフ)
  • 白菜の間引き一本化
  • キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー畝準備
  • トウモロコシ残渣処分と縮みほうれん草畝準備
  • サツマイモ蔓返し

【主な収穫物】

  • 小玉スイカ初収穫
  • 白ネギ
  • 九条細ねぎ
  • ミョウガ
  • ミニトマト(アイコ赤、黄)
  • 調理用トマト初収穫
  • キュウリ、青茄子、水茄子、長茄子
  • ピーマン、甘長シシトウ
  • 空芯菜、モロヘイヤ
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
2018年8月9日(木)
 
20180809_kusaka_01
農園全景/8月9日
 

【農園の状況】

20180809_kusaka_02
発芽した白菜の新芽
20180809_kusaka_03
春野菜処分後の秋冬野菜畝準備
 
  • 所用が重なり2週間ほど畑の手入れをしなかったところ雑草が膝ぐらいまで生い茂り畑か原野かわからないほどである。
  • 丁度ブルーベリーの収穫時期と空ける時期が重なりかなりの量が自然落下してしまった。
20180809_kusaka_04
順調に生育中のオオマサリ
 
  • 今年は夏野菜は非常に成長がよく収穫が間に合わない。
  • 冬野菜の種蒔きを定植時期になりこれから1ヶ月が残渣処理畝とその後の冬野菜の準備に忙しい。

【主な農作業】

  • 雑草処理
  • 白菜種蒔き
  • 大根、ブロッコリー、キャベツ、カリフラワー畝準備
  • 山形青菜畝準備
  • タマネギ苗畝準備

【収穫物】

  • 茄子、米ナス、青茄子、ピーマン、甘長シシトウ
  • 大玉トマト、アイコン赤、黄
  • トウモロコシ、インゲン、モロッコインゲン
  • 空芯菜、モロヘイヤ
  • 人参
  • 地這いキュウリ初収穫
  • ゴーヤ初収穫
  • 枝豆初収穫
  • カボチャ初収穫
  • ミョウガ初収穫
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
2018年7月19日(木)
 
20180719_kusaka_01
農園全景/7月19日
 

【農園の状況】

20180719_kusaka_02
キュウリ地這い用マルチ
20180719_kusaka_03
トウモロコシの鳥獣被害対策ネット
 
  • 那須地方も例年になく気温が高く農作業は朝しかできない。
  • 白菜、大根などの栽培期間が長い冬野菜畝を春野菜の残渣を整理し苦土石灰を入れ耕運した。
  • 夏野菜の果菜類も収穫期を迎えた。
  • 霜知らず地這いキュウリ用の敷き藁が手に入らず、防草シートと百均の葦簀で代用マルチをした。/写真掲載
  • トウモロコシの鳥獣被害対策の防虫ネットでの囲いは今のところ被害に遭わず効果ありか?。/写真掲載
  • 第5期レタス黒マルチ使用は全く発芽しなかったが第6期レタス銀色マルチ使用は発芽率90%を超える。
  • 7月第1週に種蒔きした人参はほとんど発芽せず。
    人参の発芽温度は6~30℃でこのところの異常温度で発芽しなかったか?。

【主な農作業】

  • 白砂、大根、ブロッコリー畝準備
  • 地這いキュウリ用のマルチ張り
  • 第7期レタス種蒔き
  • ジャガイモ収穫保存
  • 雑草対策

【収穫物】

  • 大玉トマト
  • ミニトマト初収穫
  • トウモロコシ初収穫
  • 韓国唐辛子を青唐として初収穫
  • インゲン、モロッコインゲン
  • キャベツ
  • モロヘイヤ、空芯菜
  • 人参
  • 千両茄子、米ナス
  • 青茄子初収穫
  • 甘長シシトウ、ピーマン
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
2018年7月8日(日)

【農園の状況】

  • 6月は雨の日が少なかったが夏野菜は今のところ順調に生育し、収穫期を迎える。
  • 来月に種蒔きする白菜、大根などの冬野菜準備が春夏野菜の収穫、残差整理と錯綜し時期的にタイトな農作業である。
    昨年は白菜の種蒔き時期が遅れ半数が結球しなかった。
  • レタス類は今週月曜日からの暑さで瀕死の状態、それにしても暑すぎる。
    一転して週末は最高気温23度、変動が激しすぎる。
  • 週後半の雨は野菜には恵。
  • 先月刈り取ったニラは新芽が伸び再収穫ができるようになった。
  • ピッコロメンバーから頂いた生姜は6/7の発芽率で上出来である。
  • 第4期レタスの種蒔きは全く発芽せず。(黒マルチ使用)
  • バジルが順調に生育し収穫期、収穫しジェノベーゼソースを作る。

【主な農作業】

  • 落花生のマルチ外しと中耕
  • 秋冬人参種蒔き
  • レタス畝残渣整理と白菜畝準備
  • スナップエンドウ残渣整理と大根畝準備
  • 草払い機による除草
  • レタス畝準備と第5期種蒔き(銀マルチ使用)
  • 夏野菜の誘引と除草(今年からハウス内トマトへ水やり)
  • トウモロコシに鳥獣被害対策で防虫ネットで囲いをする
  • 生姜に敷き藁でマルチングをする。

【収穫物】

  • ブルーベリー初収穫
  • 甘長シシトウ初収穫
  • ピーマン初収穫
  • 蔓なしモロッコインゲン、インゲン初収穫
  • 米ナス初収穫
  • 千両茄子初収穫
  • 夏大根初収穫
  • 大玉トマト初収穫
  • モロヘイヤ初収穫
  • キャベツ、レタス、リーフレタス、春菊、アイスプラント、ベビーリーフ
  • 春蒔き人参初収穫
  • 小蕪、アヤメ小蕪、辛味大根
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
2018年6月23日(土)
 
20180623_kusaka_01
農園全体の状況/6月23日
 

【農園の状況】

20180623_kusaka_02
里芋の発芽状況
20180623_kusaka_03
レタスの時期調整
 
  • 6月は例年に比較して雨が少なかった様な気がする。
    里芋は成長があ少し遅れているかな。/写真掲載
  • レタス、リーフレタスの時期調整は上手くいき第2期分の収穫をする。
20180623_kusaka_04
バジルの直播後の生育
 
  • モグラにやられたオオマサリの追加播種分も発芽した。
    始めに蒔いた分は花がつき始めており、追加分が収穫まで辿り着けるか?。
  • ピッコロメンバーから頂いた生姜が2株発芽する。
  • サツマイモは無事定着し新しい葉も多くなって来た。
  • ブルーベリーは鳥害もあり実付きの量が少ない、早生は一部収穫期を迎える。
  • レタスの時期調整(無いところが第1期、その次が収穫期を迎えた第2期、手前が第3期)。/写真掲載
  • バジルの直播は上手くいき順調に生育中。/写真掲載

【主な農作業】

  • 第4期インゲン類種まき
  • 第4期レタス類種まき
  • 野菜の誘引手入れ(茄子、シシトウ類に支柱追加誘引など)
  • 里芋の芽が出ないところに他の所で芽だししていた物を定植
  • アスパラガスの撤去
  • ニラの刈り取りと追肥
  • キュウリ播種と地這い場所に除草シート張り(この上に百均の葦簀を張る予定)
  • 枝豆第4期種蒔き
  • 茄子の生育不良苗の植替え
  • 除草(梅雨のシーズンはこの作業が一番キツイ)
  • 第1期葉物野菜畝の残渣整理と耕運

【収穫物】

  • スナックエンドウ
  • レタス、リーフレタス
  • キャベツ初収穫
  • 玉葱収穫と吊るし保存
  • ほうれん草、春菊、水菜
  • 小蕪、紫小蕪初収穫
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
2018年6月8日(金)

【農園の状況】

  • 落花生畝にもモグラが出没し発芽率40%ぐらいの非常に悪い。
    発芽しない場所の下の空洞を埋め再度たねまきをした。
  • 気温が上がって雑草も勢いを増し、畝間通路が雑草でビッシリな状況。
    コレからは那須に移動のたびに除草作業が必要だろう。
  • 梅雨入りしたとの報道もあるが那須は少雨で土はぱさぱさに乾いている。
    本格的な雨が欲しい。
  • 里芋の発芽が95%以上あり今年は少し早い気がする。
  • ブルーベリーは実付きが例年になく少ない。
    小鳥が開花期に花を啄ばんでいたせいかもと。収穫期の小鳥の再来が心配。
  • バジルの直播チャレンジは成功し、発芽率90%を超えている。
  • 葉物野菜の時期調整栽培は今のところ順調で7月初旬まで連続収穫できそう。

【主な農作業】

  • 落花生の追加播種
  • 枝豆第3期、第4期種蒔き
  • インゲン、モロッコインゲン第4期種蒔き
  • 人参間引き一本化
  • ゴーヤ用ネット張り
  • 青茄子定植(ピッコロメンバーからいただいた苗)
  • 草刈機による除草

【収穫物】

  • レタス、リーフレタス第1期定植分
  • 辛味大根初収穫
  • スナックエンドウ
  • ほうれん草、水菜、ルッコラとも第2期分
  • アイスプラント初収穫
  • 玉ねぎ、赤玉ねぎ初収穫
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
2018年5月25日(金)
 
20180525_kusaka_01
農園全体の状況/5月25日
 

【農園の状況】

  • 夏野菜の植え付け、種蒔きで空き畝は時期づらしの枝豆畝とタマネギ後のキュウリとなった。
  • 畑全体にモグラが活躍しており、通路になって土中に空間ができた上部の野菜の成長は悪い。
    人参畝が時に酷く発芽した3割が成長不足で、除草時にあわせて根元に空いた所に土入れを行う。
  • 今月初めにピッコロメンバーに定植していただいた苗は全て活着し順調に生育中。6月初旬に支柱立ての予定。
  • オオマサリが発芽始めるがバラツキが大きい。
  • 里芋が少しだが発芽する。

【主な農作業】

20180525_kusaka_03
サツマイモ定植
20180525_kusaka_04
小玉スイカの摘心
 
  • ゴーヤ定植
  • ミニトマト(アイコ赤、黄各6本)定植
  • インゲン、モロッコインゲン第3期種蒔き
  • トウモロコシ第2期種蒔き
  • 九条細ねぎ種蒔き
  • モロヘイヤ、空芯菜種蒔き
  • バジル種蒔き(今年初めて露地直播にチャレンジ)
  • 葉物野菜第3期種蒔き(ベビーリーフレタス、春菊、水菜、辛味大根、ほうれん草、青梗菜)
  • 三つ葉、青じそ種蒔き
  • ハウス内トマト支柱立て/写真掲載
  • サツマイモ(紅はるか10本)定植/写真掲載
  • 小玉スイカが本葉7枚になったので摘心/写真掲載
  • カラーピーマン(1本)定植
20180525_kusaka_02
ハウス内トマト支柱立て
 

【収穫物】

  • ほうれん草、青梗菜、ルッコラ、水菜、春菊
  • スナックエンドウ
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
2018年5月11日(金)
 
20180511_kusaka_01
農園全体の状況/5月11日
 

【農園の状況】

  • 今週に入ってから天候が不順で農作業もあまり進まなかった。
  • 先々週種蒔きした作物は順調に発芽した。
  • 今週はピッコロメンバー2人の援農も受け夏野菜の定植を終えることができた。
    ※ 下記の写真集をご覧ください。
  • 残る夏野菜はもう少し気温が上がってから種蒔き、定植する予定。
  • 第1期に種蒔きした葉物野菜は収穫期を迎え今年初めての本格収穫である。
  • 第1期トウモロコシ発芽する。
  • 第1期インゲン、モロッコインゲン発芽せず、第2期インゲン、モロッコインゲン発芽する(1期分は温度が低すぎた気がする)。
  • 第3期玉レタス発芽開始する。
  • 茗荷が発芽始める。
  • アスパラガスは今年も害虫に発芽すると直ぐに食害にあい全く収穫できる状況でない。
    昨秋、葉が枯れた後、地面をバーナーで焼き消毒するのが有効らしいが火力の強いバーナーが無く消毒不足のようだ。

【主な農作業】

  • 夏野菜の定植(甘長シシトウ、ピーマン、露地トマト、調理用トマト、茄子 ピッコロメンバーが育苗して頂いた苗を含む)
  • ハウス内にトマト定植
  • 蔓もの野菜のカボチャ、小玉スイカ定植
  • 生姜定植(ピッコロメンバーから種生姜をいただく)
  • 第1期枝豆種蒔き
  • ネギ類の土寄せ
  • ジャガイモ芽欠き(一箇所3本)、追肥土寄せ
  • オオマサリ種蒔き

【収穫物】

  • 小松菜初収穫
  • ベビーリーフレタス初収穫
  • ルッコラ初収穫
  • 水菜初収穫
  • 九条細ネギ

 

【援農(5月8日)の写真集(写真をクリックするとウィンドウ内で拡大表示します)】

 

pagetop_gray_blue_88x22

 
2018年5月1日(火)

【農園の状況】

  • 今年は早々に桜も終わり、周りの田んぼでは田植えが始まりました。これに合わせて、夜間はカエルの大合唱が始まる。
  • 遠くの那須連山の雪も見る見るうちに少なくなり、谷間に少し残るのみとなった。小屋の周りの雑木林も新芽が出て林も柔らかい緑になって来た。
  • 農園仲間から頂いたクリスマスローズもすべての株に花が咲いた。
  • 春に種蒔きする葉物野菜、夏野菜の定植する畝準備を終え、畑はやっと冬の冬眠から野菜が栽培する所となった。
  • スナップエンドウは開花が始まり、誘引開始。
  • 人参は90%以上発芽し、乾燥防止用の不織布を外す。
  • 4月3日に植えたジャガイモが順調に芽がでる。

【主な農作業】

  • 第2期キャベツ定植(練馬のキャベツ農家で育苗した 苗 品種 初恋)
  • 玉レタス、リーフレタス(ハウス内で育苗した物)の第2期定植と第3期用に直播
  • アイスプラント定植
  • 落花生畝準備
  • トウモロコシ第1期種蒔き
  • インゲン、モロッコインゲン第2期種蒔き(第1期分は発芽殆どせず、発芽した物も霜でダメになっていた。)
  • ネギ定植
  • 九条細ねぎ畝準備
  • 茄子、シシトウ用の畝準備しマルチ張りと韓国唐辛子定植
  • サツマイモ畝準備、マルチ張り
  • ハウス内の篠竹の地下茎掘出し水散布(約400リットル)、トマト畝準備、マルチ張り
  • 里芋土埋め保存分を掘出し、約60個植え付け
  • 第2期葉物野菜畝の準備と種蒔き(ほうれん草、水菜、ルッコラ、辛味大根、夏大根、小松菜)
  • 第3期葉物野菜畝の準備
  • 第1期辛味大根間引き一本立ち、第1期は物野菜も順調に生育しミックスレタスベビーリーフも収穫時期が近い
  • 畑周りを草刈り機による草刈り

【収穫物】

  • かき菜
  • サニーレタス(冬越しした物)
  • 九条細ねぎ
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
2018年4月7日(土)
 
20180407_kusaka_01
農園全体の状況/4月7日
 

【農園の状況】

  • 先月末からの季節外れの暖かさと晴天続きで畑の土は少し乾燥気味である。
  • 農園の周りの桜、こぶし、花桃など一斉に咲き、春本番である。
    と思っていたら週末はかなり冷え込んで早春に逆戻り。
  • 季節外れの晴天で農作業も順調に進んだ。
  • 玉ねぎは購入した苗は順調に生育中だが、自作の苗分は 活着せず殆どがなくなる。

【主な農作業】

  • 冬越しネギの移植
  • 春物 葉物野菜の種まき(ベビーリーフ、水菜、ルッコラ、青梗菜、ほうれん草、小松菜)
  • 食用菊の移植、フラワーネット張り
  • 春巻きニンジンの種蒔き
  • キャベツ定植
  • インゲン、モロッコインゲンの第1期種まき(今年は蔓なしに品種変更)
  • スナックエンドウに誘引ネット張り
  • 玉レタス、リーフレタス定植(3月にハウス内に種まきしたもの)

【収穫物】

  • ほうれん草、ベビーリーフ(共に去年秋冬用残り)
  • 小松菜の花蕾
  • かき菜初収穫
 

pagetop_gray_blue_88x22

 
2018年3月4日(日)
 
20180303_kusaka_01
残雪の農園/3月3日
 

【農園の状況】

  • 先週土曜日(3日)はまだ雪がたくさん残っていて農作業ができる状況でなかった。
  • 4日は異常に気温が上がり一挙に雪解け、畑の一部か乾き農作業実施。
 

pagetop_gray_blue_88x22blogtop_gray_blue_88x22

Contributed by Shuji Kusaka | 20160118~

LINEで送る
Pocket